2017年02月23日

【再掲載】『薬剤師』と『登録販売者』の違い?

こんばんは!薬屋さんです!
今回は以前の記事の再掲載になります。
私が一番皆さんに知っていただきたい事なので、再掲載させていただきます!

さんざんこのブログで『登録販売者』というフレーズを出してきましたが、
具体的に『薬剤師』と何が違うのかをみなさんに知ってもらうのが私、薬屋さんの大きな目標です。

それを知ってもらうことで今後、みなさんが薬局、ドラッグストアに行った時に
どちらに相談すればいいのか?という目安にしてもらえれば幸いです。


ではまずはみなさんがよく知っている『薬剤師』についてから始めます!

『薬といえば薬剤師』

これはほとんどの皆さんが持っている認識だと思います。
まさにその通りで薬に関することは薬剤師を頼れば万事解決することができます。

薬局、ドラッグストアで薬剤師にできることを簡単にまとめると
・病院、薬局での処方箋に基づく調剤業務
・一般医薬品(第1類医薬品、要指導医薬品を含む)の販売

続いて登録販売者にできることを簡単にまとめます。
・一般医薬品(第1類医薬品、要指導医薬品を除く)の販売

わかりやすく言うと
薬剤師はほとんどの薬を販売できるが、登録販売者は一般医薬品の一部を販売できる

じゃあ登録販売者って全然薬のエキスパートじゃないじゃん!と思ったあなた!そんなことないんです。

一般医薬品というのはドラッグストアや薬局で手軽に買うことのできる薬です。
例えば風邪薬であったり、湿布、便秘薬などみなさんに馴染み深いお薬のことです。

その中で登録販売者の販売できない医薬品の種類は第1類医薬品、要指導医薬品の2種類です。
これらの種類は市販の中ではリスクが高いものが多く、薬剤師でなければ販売できません。

しかし、それ以外の一般医薬品(指定第2類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品)を登録販売者は販売できます。
一般医薬品のうち、薬剤師しか販売できない薬と登録販売者でも販売できる薬の比率はなんと!

1:9


市販薬のほとんどが販売できちゃうのです!

90%近くの薬を網羅していれば薬のエキスパートと言っても過言ではないですよね!
これからはみなさんお近くの薬局、ドラッグストアで市販の薬を買う際はこう言って尋ねてすださい!

『登録販売者さんに薬のこと聞きたいのですが?』

お客様が登録販売者を認識してくれてるとなんだか嬉しい気持ちになりますので(実体験)

ご覧いただきありがとうございました。
些細なことでも質問、意見等ありましたらコメントよろしくお願い致します!






a8mat=2TC7JG+DZORBU+FOQ+C3BAP" target="_blank" rel="nofollow">




posted by 薬屋さん at 00:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

医療費控除とセルフメディケーション税制





こんにちは!薬屋さんです!
昨日は更新できずに申し訳ありませんでした。
昨日できなかった分、今日はいつもより早めに更新してみました!

以前皆さんに「セルフメディケーション税制」についてご説明したのを覚えているでしょうか?
health_20161214153327-thumb-645x380-100847.jpg

あの記事を読んで以降、しっかりと対象医薬品のレシートは保管していますか?
この時期ですと花粉症対策の「アレグラ」「アレジオン」も対象商品になっていますので、レシートを捨てないように!

前回まとめた記事はこちらになります。復習も兼ねて是非もう一度見てみてください!
http://thedrugstoreman.seesaa.net/article/446870583.html


では今回の話は意外と皆さんが陥りがちであろう落とし穴についてです!

医療費控除制度とセルフメディケーション税制による控除は併用することできないということは以前の記事でも説明させていただきましたよね!

1年間の病院での治療代と処方箋の薬代の合計が10万円以上
医療費控除を受ける


1年間の病院での治療代と処方箋の薬代の合計が10万円未満で
セルフメディケーション税制対象商品の1年間の購入金額が1万2千円以上
セルフメディケーション税制による控除

この2択の選択肢しかないとお思いのあなた!
実は違うんです!!!

医療費控除制度の対象には病院での治療代と処方箋の薬代の他だけでなく
治療目的で購入した市販の一般医薬品も入っているのです!

病院での治療代と処方箋の薬代で合計10万円超えていない場合でも、一般医薬品を合わせて10万円を超えるのであれば控除を受けることができるのです!

だからどんな一般医薬品の購入レシートでもしっかりと保管することがとても大切です!

この医薬品の対象商品というものがあくまで治療を目的とする場合によりますので、予防等は対象に含まれません。今回新たにできたセルフメディケーション税制対象と同じものが対象になるというわけではありませんのでお間違いなく!

医療費控除もセルフメディケーション税制の控除もどちらも受けることができる場合は、確定申告の際に税理士さんに相談してどちらがお得になるかをしっかりと見極めてもらうことも大切です!


結論をまとめると

医薬品のレシートはとにかく保存しましょう!
ということです!


ご覧いただきありがとうございました。
些細なことでも質問、意見等ありましたらコメントよろしくお願い致します!






posted by 薬屋さん at 15:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

季節の先取り





こんばんは!薬屋さんです。
今日はいつもより早く帰れたので日が変わる前に更新できそうです!
前回、前々回と花粉症に関して色々説明しましたがいかがでしたでしょうか?


やはり季節に酔った悩みを持った人は多くいると思うので、そういった季節性の話題も今後どんどん取り入れていきたいと思います!

今2月も下旬に差し掛かろうとしておりますが、まさに季節の変わり目を毎日実感している方も多いのではないでしょうか?

冬から春へと季節の変わり目ですが、こういった時期に薬局、ドラッグストアは大忙しなんです!

なぜならガラッと皆様の悩みが変わるから!


冬の悩み
・寒い
・乾燥
・風邪インフルの流行
・ノロウイルス
・暴飲暴食

ざっと簡単に挙げてみるとこれだけの悩みがありました。
これらを具体的に商品にしてみると
・寒い→カイロ、温熱器具
・乾燥→ハンドクリーム、リップクリーム
・風邪インフルの流行→マスク、風邪薬、ウイルス除去製品
・ノロウイルス→ウイルス除去製品、ゴム手袋
・暴飲暴食→胃薬、ウコン、へパリーゼ     
 
悩みに応じて、解決のための商品がありますよね!
それが季節が変わると悩みが変わり、必要とされる商品が変わる為売り場の大改造が行われるのです!

では春の悩みを見てみましょう。
・花粉症
・日差しが強くなる
・新学期、新生活のストレス
・食中毒
・害虫

上と同様にこれらを具体的に商品にしてみると
・花粉症→マスク、鼻炎薬、目薬
・日差しが強くなる→日焼け止め
・新学期、新生活のストレス→胃薬、ストレス緩和薬
・食中毒→ウイルス除去製品、手指消毒
・害虫→殺虫剤、防虫剤

冬に前面に出していた商品たちを引っ込めて、春の商品を前面に出さなければなりません!
これがまぁ大変なんです・・・


しかし春が来てからしていたら、間に合いませんので
実際にその時期の1,2か月前から始めていくのです!

まだはやいでしょ!と思う商品が並べてあるのにはこんな理由があったんです!

日々売り場が変化し、お客様が飽きないようになっているので、意外と売り場を定期的に見るのは面白いですよ!

ご覧いただきありがとうございました。
些細なことでも質問、意見等ありましたらコメントよろしくお願い致します!






posted by 薬屋さん at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症の方必見!花粉症の目薬やおすすめ対策





こんばんは!最近この時間の更新が定着しつつある薬屋さんです。
今回は前回の続きということで花粉症対策パート2になります。

花粉症での悩みが

前回は鼻についてだったので、今回は目についてです。

花粉によるアレルギー症状により目のかゆみや充血、涙目など本当に厄介な症状ばかりですよね。
かゆくて目をこすりすぎて、目の周りが赤くなりヒリヒリ、なんて経験もあると思います。
我慢しても良くなりませんので、しっかりと自分に合った目薬を選びましょう!

多くの方が使っている目薬をいくつか紹介しますね!

・ザジテンAL点眼薬

>【第2類医薬品】ノバルティスファーマ ザジテンAL点眼薬 10ml【point】

価格:1,490円
(2017/2/19 00:12時点)
感想(0件)



第2世代抗ヒスタミン薬のケトチフェンフマル酸塩が主成分となっているのでしっかりとかゆみを抑えてくれます。病院でも出されるザジテン点眼液と同じ成分。予防効果が備わっている為、花粉症の症状がひどくなり前からの点眼で、症状がひどくなるのを防いでくれます。
私のおすすめです!

・アイフリーコーワAL

>【第2類医薬品】興和新薬 アイフリーコーワAL 10ml

価格:1,480円
(2017/2/19 00:17時点)
感想(0件)



最近第2類医薬品になりどの薬局、ドラッグストアでも購入できるようになりました。
こちらの特徴は花粉症がひどくなる前から使用することで、症状がひどくなるのを防いでくれます。
しかし、抗ヒスタミンの効果がありませんので、今あるかゆみに効く即効性はあまりありません。
毎年ひどい症状に悩まされてる方はこちらを今から使い始めるのがおすすめです!


・アルガードコンタクト

>【第3類医薬品】ロート製薬 ロートアルガードコンタクトa 13ml

価格:718円
(2017/2/19 00:22時点)
感想(0件)



こちらの特徴はなんといってもすべてのコンタクトレンズに対応し、かゆみをしっかり抑えてくれます!
コンタクトを使用している方にはおすすめです!

ざっと3つほど紹介しましたが、目薬の種類はまだまだありますので、是非店頭で「登録販売者」「薬剤師」相談してみてください!


番外編として、他にもまだまだたくさんある花粉症対策グッズも紹介しておきます!

・マスク
マスクをするだけで、花粉が鼻から入ってこないので症状の緩和につながりますね!
今はいろんなマスクがあります。耳が痛くならないマスク、メガネが曇らないマスク、湿度を保つマスク、香りがいいマスクなどなど。そんな中で紹介したいのがこちら!

>近江兄弟社 モイストメイクマスクやや小さめ さくらピンク 5枚

価格:498円
(2017/2/19 00:29時点)
感想(0件)



こちらは女性に向けて作られたマスクで、しっかり喉、肌、唇に潤いを保たせてくれるだけでなく、しっかり花粉は99.9%カットしてくれます!
女性の方にはおすすめのマスクです!

・ノスク

>鼻挿入型マスク ノスク 2個入

価格:686円
(2017/2/19 00:35時点)
感想(0件)



こちら見たことない人には衝撃かもしれません。
鼻に直接入れることで、花粉が入ってこなくしたり鼻水が垂れなくなったりするものなんです!
相手から見ても着用しているのが見えないので、どんな場面でもつけることができるのが最大の強み!
どうしてもマスクをすると失礼になる場面などでは活躍するかも!?

・アレルシャット花粉イオンでブロック

>フマキラー アレルシャット 花粉 イオンでブロック 160回分 50ml

価格:950円
(2017/2/19 00:38時点)
感想(0件)



こちらはお出かけ前に顔にシュッとスプレーするだけ
顔に近づいてくる花粉をイオンの力ではじき、花や目に花粉が入るのを防いでくれます。
とても手軽にできる花粉対策なので今かなり人気の商品です。

・静電気防止スプレー

>ライオン エレガード 大 160ml

価格:698円
(2017/2/19 00:42時点)
感想(0件)



意外と知られていないのがこの対策グッズ。
まだまだ空気も乾燥し、静電気に悩まされることも多いですよね?
この静電気によって花粉が服に集まってきてしまうのです。服についた花粉から、自分の目や鼻に入ってくることも多いので、静電気を防ぐことは花粉症対策として意外と重要です!

・ワイドハイターEX

>花王 ワイドハイター EXパワー 本体 600ML【kao_hit】【kaoecoa05a】【kao6mp2c08】

価格:198円
(2017/2/19 00:45時点)
感想(1件)



え?なんで漂白剤が?と思われた方もいるのではないでしょうか。
もちろん漂白剤自体に花粉を付きにくくする効果などはありません。
要は、花粉の飛ぶ季節はなるべく部屋干しで花粉が服につかないようにしたいので、部屋干しの際はしっかりと漂白剤を使って除菌しましょう!ということです。
そういうカラクリもあって、毎年ワイドハイターEXのパッケージにはこの時期「花粉」という文字が記されるようになります。ぜひ見てみてください。


と、ここにあげるだけでもたくさんの花粉対策はあります。
お近くの薬局、ドラッグストアにいる「登録販売者」「薬剤師」というのは薬の知識はもちろん
それらを日常生活に絡めた知識知恵というのもたくさん持っています。

ぜひどんなことでも気軽に相談してみてください!
意外と知らなかった日常生活の知恵など教えてくれることもあるかもしれませんよ!

ご覧いただきありがとうございました。
些細なことでも質問、意見等ありましたらコメントよろしくお願い致します!







posted by 薬屋さん at 00:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

花粉症の方必見!アレルギー性鼻炎薬の特徴





こんばんは!薬屋さんです。
今日はぽかぽか暖かく、ごはん後はついつい眠くなってしまいました。
ついに始まってしまいました…

花粉飛散


今年こそは花粉が飛ばないでほしい!と思いながらも毎年毎年花粉が飛んできます。
花粉症の人にとっては本当に苦しい季節ですよね。しかも今年は例年より飛散量が多いとの噂も…


花粉症の方はうまく薬と付き合っていくことで症状を緩和することができますので、今日はその薬の種類に関していくつか説明していきたいと思います。

花粉症の症状が現れるのは大きく2つ!
そして


まず鼻の症状に関してです!鼻の症状を緩和させる薬としては
内服薬点鼻薬
があります。
内服薬では抗ヒスタミン薬という種類の薬がメインとなっています。
その中でも第1世代抗ヒスタミン薬と第2世代抗ヒスタミン薬があります。

第1世代抗ヒスタミン薬はアレルギー発症に関係があるヒスタミンの働きを弱めて、くしゃみや鼻水の症状を改善する薬です。
第2世代抗ヒスタミン薬は抗アレルギー作用により炎症を抑える働きをする薬です。

これら二つの薬の大きな違いを挙げると
眠気が強いかどうかです!

第1世代抗ヒスタミン薬は例を挙げると
・エスタック鼻炎ソフトニスキャップ

>【第2類医薬品】エスエス製薬 エスタック鼻炎ソフトニスキャップ 24カプセル【hl_mdc1216_stac】

価格:1,780円
(2017/2/17 23:29時点)
感想(0件)



・コルゲンコーワ鼻炎持続カプセル

>【第(2)類医薬品】興和新薬 コルゲンコーワ鼻炎持続カプセル 24カプセル

価格:1,180円
(2017/2/17 23:30時点)
感想(0件)



・パブロン鼻炎カプセルSα

>【第(2)類医薬品】大正製薬 パブロン鼻炎カプセルSα 48カプセル【hl_mdc1216_pabron】

価格:1,296円
(2017/2/17 23:31時点)
感想(0件)



などがあります。

これらは効果、即効性は高いものの、その分眠気を伴ってしまいますので、仕事中や運転が控えている場合には服用が難しいです。

次に第2世代抗ヒスタミン薬は例を挙げると
・アレジオン20

>【第2類医薬品】エスエス製薬 アレジオン20 12錠

価格:2,138円
(2017/2/17 23:35時点)
感想(0件)



・アレグラFX

>【第2類医薬品】久光製薬 アレグラ FX 28錠

価格:2,036円
(2017/2/17 23:34時点)
感想(0件)



などがあります。

これら第2世代の特徴はやはり眠気があまりないことです!
日常生活の中で薬を飲む際に眠気が来るものは本当に困りますよね!
そういった悩みを解決してくれるのがこれら第2世代なのです!

また他の特徴として飲む回数が少ないのも飲みやすいポイント!
アレグラは1日2回朝夕の服用で、アレジオンはなんと就寝前1回のみでいいんです!


これらアレジオン、アレグラは今まで要指導医薬品でしたが今は第2類医薬品にリスク区分が変更されたため、どの薬局、ドラッグストアでも購入が可能になりました!

いままで第1世代ばかりに頼っていた方はぜひ第2世代をお試しください!

次に点鼻薬ですが、点鼻薬もいくつか種類があります。
・抗ヒスタミン剤配合点鼻薬
・血管収縮剤配合点鼻薬
・ステロイド剤配合点鼻薬  などです。

抗ヒスタミン剤配合点鼻薬では「ザジテン」などがあります。

>【第2類医薬品】ノバルティスファーマ ザジテンAL鼻炎スプレーα 12ml【point】

価格:1,680円
(2017/2/17 23:52時点)
感想(0件)



抗ヒスタミン成分で鼻水鼻詰まりを緩和してくれます!

血管収縮剤配合点鼻薬では「エージーノーズ」などがあります。

>【第2類医薬品】第一三共ヘルスケア エージーノーズアレルカットC 30ml

価格:2,080円
(2017/2/17 23:54時点)
感想(0件)



「ナファゾリン塩酸塩(血管収縮剤)」が含まれているので、鼻づまりには効果大!

最後にステロイド剤配合点鼻薬では「ナザールAR」などがあります。

>【第(2)類医薬品】佐藤製薬 ナザールαAR0.1%(季節性アレルギー専用) 10ml

価格:2,138円
(2017/2/17 23:57時点)
感想(0件)



こちらはステロイドが配合されており、アレルギー症状自体を引き起こすとされている物質の分泌をおさえる働きがあるので、強い効果が期待されますが、使用方法をしっかり守らないといけません。

鼻だけでも様々な種類があり、それぞれ症状に応じて一番いいものを選ぶことが、花粉症の症状緩和に大きな影響を与えます。
自分にどれがあっているのかわからない場合は、どんどんお近くの「登録販売者」「薬剤師」を頼ってください!


目の症状に関しては次回にして今回はここまでにします!

ご覧いただきありがとうございました。
些細なことでも質問、意見等ありましたらコメントよろしくお願い致します!






posted by 薬屋さん at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする