2017年02月21日

医療費控除とセルフメディケーション税制





こんにちは!薬屋さんです!
昨日は更新できずに申し訳ありませんでした。
昨日できなかった分、今日はいつもより早めに更新してみました!

以前皆さんに「セルフメディケーション税制」についてご説明したのを覚えているでしょうか?
health_20161214153327-thumb-645x380-100847.jpg

あの記事を読んで以降、しっかりと対象医薬品のレシートは保管していますか?
この時期ですと花粉症対策の「アレグラ」「アレジオン」も対象商品になっていますので、レシートを捨てないように!

前回まとめた記事はこちらになります。復習も兼ねて是非もう一度見てみてください!
http://thedrugstoreman.seesaa.net/article/446870583.html


では今回の話は意外と皆さんが陥りがちであろう落とし穴についてです!

医療費控除制度とセルフメディケーション税制による控除は併用することできないということは以前の記事でも説明させていただきましたよね!

1年間の病院での治療代と処方箋の薬代の合計が10万円以上
医療費控除を受ける


1年間の病院での治療代と処方箋の薬代の合計が10万円未満で
セルフメディケーション税制対象商品の1年間の購入金額が1万2千円以上
セルフメディケーション税制による控除

この2択の選択肢しかないとお思いのあなた!
実は違うんです!!!

医療費控除制度の対象には病院での治療代と処方箋の薬代の他だけでなく
治療目的で購入した市販の一般医薬品も入っているのです!

病院での治療代と処方箋の薬代で合計10万円超えていない場合でも、一般医薬品を合わせて10万円を超えるのであれば控除を受けることができるのです!

だからどんな一般医薬品の購入レシートでもしっかりと保管することがとても大切です!

この医薬品の対象商品というものがあくまで治療を目的とする場合によりますので、予防等は対象に含まれません。今回新たにできたセルフメディケーション税制対象と同じものが対象になるというわけではありませんのでお間違いなく!

医療費控除もセルフメディケーション税制の控除もどちらも受けることができる場合は、確定申告の際に税理士さんに相談してどちらがお得になるかをしっかりと見極めてもらうことも大切です!


結論をまとめると

医薬品のレシートはとにかく保存しましょう!
ということです!


ご覧いただきありがとうございました。
些細なことでも質問、意見等ありましたらコメントよろしくお願い致します!






posted by 薬屋さん at 15:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。