2017年02月17日

自分に合う薬ってあるの?





こんばんは!薬屋さんです。
このブログも書き始めて早2週間経ちました。毎日更新とはいかないものの、何とか継続させることができてうれしく思っております。見てくださる人の数が日々増えていくのがとても励みになっております。これからもよろしくお願いします!


薬の接客をしているとたまに「私にはこの薬があっているからこっちでいいよ」と言われるお客様がいます。
果たして薬にも合う合わないというものはあるのでしょうか?

単刀直入に言いますが、合う合わないというのはあります!
例えば鎮痛剤、ロキソニン、イブ、バファリン、ナロンエースなど様々あります。
その中ではロキソニンが一番効き目の強い成分ですが、ロキソニンは効かず、イブがよく効くという人もたまにいます。

また、自分はこれが効く!といったポジティブなイメージを抱きながらその薬を飲むと、効果が良くなることがあります。これをプラセボ効果といいます。


合う合わない、またはプラセボ効果はあったにしても、せっかく薬局、ドラッグストアにきているなら、決めつけをせずに、しっかり情報を得たうえで、何を使用するか決めてほしいなぁと思うことがよくあります。

例えば、水虫薬のダマリンをずっと使ってる方に「自分はこれをずっと使っていて合っているからこれでいいよ」と言われたことがあります。
しかし、第二世代薬のダマリン第三世代薬のブテナロックなどに比べると根本改善までは難しいです。
その方が昔初めて買ったときには、まだ発売されてなかったブテナロックのように日々出てくる新しい薬(より効果的な)には絶対的に及ばない場合もあると思います。

鼻炎薬でいえば眠くなりにくく効果的なものが買えるようになったり、湿布薬でいえば冷シップから消炎成分が配合のものがでてきたりと、日々新しく、私たちにとってより豊かな生活につながる薬というものがどんどん世に出てきています。

これらのような新しい情報を得ることって結構重要なことと私は思います。
しかも!今は昔に比べて薬局やドラッグストアの数がとても多いうえに、そこには専門家である「登録販売者」「薬剤師」が常におります。情報を得る場というのは身近にあるのです!
どんどん利用して、より生活を豊かにしてください!!


逆に、私達登録販売者は聞く耳を持っていただけるような、話し方、説明の仕方という技術を身につけなければなりません。
情報を受け入れていただける状況を作ることも重要な仕事の一つだと思います。
情報提供を一方通行で行うのではなく、しっかりとお客様とのコミュニケーションを取ることが求められるスキルであり、それが一番難しいことなんです!


今まで同じ薬しか使ってこなかったあなた!
相談してみて違うものを使ってみると、今の生活がより良いものに代わるかもしれませんよ!

ご覧いただきありがとうございました。
些細なことでも質問、意見等ありましたらコメントよろしくお願い致します!



posted by 薬屋さん at 00:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。